葬儀のお礼や香典返しに25%割引カタログギフト

マップカート確認
【お返し物専科】葬儀のお礼・香典返し HOME 葬儀のお礼・香典返しのご挨拶状、奉書 葬儀のお礼・香典返しのかけ紙(のし) 葬儀のお礼・香典返しの包装紙 【お返し物専科】お支払方法 【お返し物専科】送料 【お返し物専科】返品・交換 【お返し物専科】会社概要 【お返し物専科】お問合せ
葬儀のお礼・香典返しにカタログギフト25%割引【お返し物専科】 葬儀のお礼・香典返しの贈り物についてお問合せください
 
安心の送料粗供養お見積もり無料資料カタログギフト粗供養即日発送カタログギフト アフター

葬儀のお礼・香典返しにカタログギフト 全品25%割引

法事の粗供養・志に人気のカタログギフトが25%割引。粗供養のしギフトサービス・挨拶状も充実。四十九日法事、一周忌法事などの粗供養のお品には、当店をご利用ください。

カタログギフトのサンプルを無料でお送りします。
>粗供養・志・香典返しのカタログギフトのご検討なら無料資料請求をどうぞ

合計20万円以上のご購入ならお見積もりご依頼ください。

カタログギフトまとめ買い・見積もり
粗供養・志などでカタログギフトを20万円以上おまとめ買い予定の方は、お見積させて頂きます。カタログギフトの購入数によって25%割引よりさらに割引価格でご購入いただけます。

カタログギフト無料お見積もり 粗供養 カタログギフト無料お見積もり

葬儀のお礼・香典返しのギフトサービス

香典返しの掛け紙(のし紙)

  • 表書きは「志」が一般的です。忌明け後のお返しには「忌明志」「満中陰志」、西日本方面では「粗供養」などが使われます。
    また、神式では「偲草」「しのび草」、キリスト教では「志」「偲草」などが使われます。
  • 地域の慣習や、宗派に合った表書き、“紫銀”・“黄白”の結び切りの台紙をご指定いただけます。

紫銀-志

「志」 (一般)

紫銀-志

「粗供養」 (西日本方面)


下段には喪家の家名をいれます

葬儀のお礼・香典返し 掛け紙(のし紙)について詳細 次へ

葬儀のお礼、香典返しの礼状・奉書

  • 粗供養にお付けする礼状を、カードタイプ、奉書タイプ、二つ折タイプからお選び頂けます。
  • 用途、地域の慣習や、宗派に合ったものをお選びください。。
挨拶状 カードタイプ奉書・満中陰(関西版忌明用)  
【定型文カードタイプ】     【奉書タイプ】 ※俗名・日付等をご指定いただきます。

香典返しやお礼の挨拶状・奉書について詳細 次へ


香典返し・葬儀のお礼のマナー

香典返し・即日返しとは?

●「志」=香典のお返しのお品です

香典のお返しは忌明けの頃に・・・と言われていますが、宗教により多少異なります。
最近では「即日返し」も多くなりました。

●「即日返し」とは

告別式当日に香典返しを渡してしまう事です。
この場合、用意しておいた香典返しが、いただいた香典に見合わないことがあります。その場合は後日改めて、ご挨拶状を添えてお礼の品をお届けしましょう。

満中陰(四十九日)法要の表書きは?

●掛け紙(のし)は地域で異なります

忌明けの四十九日の法事後、香典返しとしてお贈りする場合は関西では「満中陰」「満中陰志」を使われることが多いようです。
その他の地域では、忌明けの意味として、故人の戒名を書き「忌明志」を用いる地域もあります。
また、法事の際に御仏前等をいただいた方へ「粗供養」として贈ることもあります。

  • 葬儀の際に香典をいただいた方へ、「満中陰」にお渡しする意味合いで贈る「満中陰志」
  • 四十九日法事の際に御仏前などをいただいた方へ、「お忙しい中をお越しいただきありがとうございます」という意味を込めて、法事のお返しとしてお渡しする「粗供養」

「満中陰志」として贈るのは四十九日法事のみで、それ以降の 一周忌法事、三回忌法事、七回忌法事などの回忌の引き出物は「志(主に東日本)」・「粗供養(主に西日本)」として贈ると考えるとわかりやすいかもしれません。

 回忌を入れて、

  • (例)東日本: 三回忌志
  • (例)西日本: 三回忌粗供養
    とする場合もあります。

 地域や宗派によって異なるため、慣習に従うのが賢明です。

香典返しの金額目安は

●香典返しの目安は、頂いた額の半返し

地域によって2品、3品とつける所は多少異なってきますが、
5000円のお返しであれば、2500円コース
10000円のお返しであれば、4〜5000円コース前後のカタログギフトコースが当店では売れ筋です。

カタログギフトは先様がお好きなものを選べ、またかさばらないので、遠方からの方へ贈る粗供養としても最適です。

当店の割引価格なら、贈り主様のおサイフにも安心。
お世話になった方へお気持ちを込めて、予算内でワンランク上のコースを贈る事もできます。

 

ページトップへ